MAYUさんのがんばっちゃうぞヽ(`Д´)ノ

ゴールデン&ラブラドール専門ブリーダー プレジールケンネルで働いてる人。ゴールデンが大好き!お店での出来事を中心掲載。  日常のぼやきも含むかも(´_ゝ`)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オフ会お疲れ様でした

先日のオフ会、ご参加いただきました方々お疲れ様でした。


お天気が良く、良い気温で気持ちよく過ごせました。
今回のオフ会は数回ご参加いただいていますワンちゃんもすっかり大きくなって見違えました。
男の子は男の子らしく、女の子は女の子らしい顔つきになり、みんなかわいかったですよ。

さて今回のお散歩教室での反省です。
長くなっちゃいました・・・。
本当に長くて読みにくいかと思う。
読まなくてもよいですが、きっとためになる事を書いているかもしれませんよ?(笑)
私の見解を述べています。


このブログで数回書かせて頂いてますが、飼い主の目を見ないわんちゃん多いですね。
そして驚いたのが、飼い主もわんちゃんの目を見ないご家族おりました。

おやつなどに反応して素直に応じる子もいますが、基本おやつなしで主従関係を築きあげなければ意味はありません。おやつははじめのうちは有効手段ですが、ただそれだけであり継続性、主従関係には何の影響をも与えてくれません。
下手すればオヤツくれる人だけで終わってしまいます。
オヤツしか見ていないということになってしまいます。

オヤツでしか反応しないからという答えは、飼い主がいかに犬を褒めてないか、または褒めても犬がうれしい気持ちになるような褒め方をしていないということです。

目を見て気持ち良くなるような声のトーンで「よし」と一声かけて頭から首のあたりまでなでましょう。
耳を触らぬよう、おでこから頭頂部、首とゆっくり撫でます。

「耳をなでられるのが好きなんです」これは当たり前です(^_^;)
リラックスや興奮などのツボになるからです。
こちらの指示に従った時の褒め方ではありません。
緊張感の中での褒めが必要なんです。

それが犬の自信になり、飼い主の命令に従うようになっていきます。

その褒めるときはこちらがあまりかがんだり、動いたりせずに上から犬を見て褒めます。
必ず顔を見ましょう。
犬がこちらを向くまで褒めずに名前を呼んでこちらを向かせましょう。
向かないときは、手におやつを入れて犬の鼻先で匂いをかがせて誘導します。
飼い主の鼻の部分で止めて、反対の手で褒めましょう。
ゆっくり褒めて、その時初めておやつを与えます。
(犬は左が基本、右手におやつを持ち鼻先を誘導、飼い主の顔を見る、確認したら左手で撫でながら「よ~し」と声をかける、一呼吸おいてご褒美のオヤツをあたえる、で想像つきますか?)

良しと言ってからすぐ与える方がおりますが、これおやつに頼りすぎのパターンです。
褒めて間をあけてオヤツ。間が開くのも大事なんです。
褒めることに重心を置くことで、おやつなしでもできるようにするためです。

褒めて犬の自信をつけることは、低月齢時にどのような褒め方しているかで変わっていきます。
また毅然とした態度で命令や叱っているかが大きく左右されます。

怒ると叱るは違います。
可愛がると甘やかすは違います。

子供を育てるときによく耳にしませんか。

叱ってよく出来た時は目をみて褒める

子供も目を見て話さなければ親が言いたいことや気持ちって伝わりにくいことありませんか。

犬も同じですよ。

子供は親の鏡。

犬は飼い主の鏡。

私はいつもそう思っています。

何も知らぬ犬たちは、飼い主のしつけにより勉強し育っていきます。
何も教えなければ犬はわからないままです。
馬鹿ではありません。
何も教えてもらっていないから知らないんです。
教えても覚えないのは、口先だけと犬は取っているからではないでしょうか。

子供とのコミュニケーションとる事と同じように犬もコミュニケーションの時間が必要ですよ。
体をなでながら目を合わせる。

目を合わせることは犬にとって威嚇行為でもあります。
犬は反射的に目をそらしますが、飼い主に対して服従心があれば目をそらしてもまたすぐ眼を見ます。
仰向けにされ、飼い主がその上にのってもジッとします。
犬の上にのることは強いものが弱いものにする行為です。
抵抗しなければ相手が強いということを認識出来た時です。
逃げるのであれば、自分はまだ強くなれるチャンスがあると自我が強いことを示します。
自我が強いことは悪い事ではありませんが、飼い主に対しては絶対でなければいけません。

少なからずリード付けているときは仕事として飼い主の命令には従わなければいけません。
介助犬や盲導犬は選び抜かれた性格と集中力のある犬しかなれませんが、その子達だってハーネスを外した瞬間やんちゃで甘えん坊の犬になります。

その子達はリードやハーネスを付けた瞬間、目が変わり飼い主の命令に従う仕事として自信を持って従事しています。

普段はやんちゃで甘えん坊で、おばかで・・・。
良いんです。
そんなものです。

でも外に出るときは絶対リード付けますよね。
他の方に迷惑をかけないためにもつけますよね。
リード付けているときは飼い主の命令を聞く仕事なのです。
散歩で排泄も生活習慣のための仕事だと割り切りましょう。
ゆっくり気持ちよくお散歩がいい。結構です。
しつけが終われば嫌というほど味わえます。
しつけは1歳までは山場です。(理想は8カ月程度まで)
過ぎると数カ月単位での矯正です。

触られることが苦手、目を合わせると逃げるなどは正直どのようなコミュニケーションをとっていたのか疑問です。ゴールデンやラブラドールの気質は、人に寄り添いすぎて番犬にならないと言われるほどの人好きです。

オフ会中、私のジャスミンとミミはみんなにごあいさつに回っていたほどです(^_^;)
撫でて貰うためにはずっとジッとしています(笑)

いつも引き渡しがその日ある子犬には「良い子で頑張るんだよ」と声を私はかけています。

その言葉通りに良い子になって再会できたのは黒ラブのサラちゃんです。
初めての参加でしたが、9カ月でリードを軽く持っているだけできちんと歩けました。
リードを持って立っているときも、座って待つ時間がとても長く、飼い主のそばで自信を持って座っている姿すごく良い光景を見させていただきました。

よく飼い主を見てどうしたらよいのかと一生懸命に読み取ろうという姿勢は良い関係性を見てとれました。
しつけはお母さんが中心になっている様子で、努力は実となって形として出来ていますね。
あとはお兄ちゃんがちゃんとお世話することで遊ぶ人からお世話する人になってくれれば犬が見る目も変わりますよ。馬鹿にされることが減ってくると思います。
頑張ってくださいね。


数回参加していただき、注意しながら育てているなと思ったのがラブのひめちゃんとドロセアちゃん、ゴールデンのゴン太君いつも参加して真剣にお話を聞いて成長と共に良くなっていっているなと感じました。
今気を抜かずに頑張りましょう。
良く出来た時はタイミング間違えずに誉めてあげてくださいね。
ゴン太君で気になったのはもう少し叱る褒めるのメリハリがあるとすごぐ変わる気がします。

来月は17日に予定しております。
私の辛口が聞きたい方は是非ご参加ください(笑)


そうそう!リード付けているときの褒め方で注意!
飼い主が犬の正面に動いて褒めることはあまりお勧めできません。
飼い主は動かずに犬を脇に座らせて、名前を呼んで目を見て褒める。
褒める時に飼い主が犬のそばによって褒めることはあまり良い事ではありません。
褒めてもらうために犬が寄り添ってくる!これが理想です。


最近このブログ見始めたかたは私の事きっとトレーナーか訓練士と思っているかも・・・
でもね(゜-゜)ふふっ


私もともと訓練士やトレーナーではないです。
看護助手や介護士などしていました。
犬に関してはこの職場に入ってから2か月必死で勉強して、お店の犬を使って犬の気持ちや褒め方、叱り方など独学と経験で今に至ります。

母犬候補を預かり、子犬のトレーニングも店長から任されるほどになりました。

私はど素人でした。
しかし、本気で犬と向かい合い、今ではお店の親犬たちは私に逆らうことはありません。
新人スタッフや叱り方や褒め方が少し下手なスタッフには遊びで噛みついたり、飛び掛かったりとやりたい放題しています。
店長と私はお店の親犬たちには絶対で居続けています。
店長はここ数年、お店に出続けることは少し難しい状況です。
犬たちに対してのボスとして私が管理しなければいけません。
そうでなければこの親犬たちの統率をとることは難しい事かと思います。

私はど素人でした。
ましては1頭だけを真剣に見ていけるわけではありません。
数頭まとめての管理です。
1頭と向き合ってなら初めて犬を飼う方でも必ずできます。
しつけをすればすごく良い犬種であることは私も実感しています。

正直しつけできないのはもったいない。
飼い主がしつけを諦めたら、犬も不幸になる。
もっとこの子をよくしたいと、欲を張ってしつけに貪欲になってよいと思います。
しつけ期間は1年。
たった1年です。
10年一緒にいるうちの1年です。
その1年で10年決まってしまうのです。
スポンサーサイト

| ミニオフ会 | 09:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bmayusan.blog64.fc2.com/tb.php/227-d12cc1ab

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。