MAYUさんのがんばっちゃうぞヽ(`Д´)ノ

ゴールデン&ラブラドール専門ブリーダー プレジールケンネルで働いてる人。ゴールデンが大好き!お店での出来事を中心掲載。  日常のぼやきも含むかも(´_ゝ`)

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

お散歩教室   わんことのお悩みについて



助手席でシートベルトしてレッツゴー❗


しつけ教室のあとの…

お楽しみタイム🎵







今日参加していただいた方へ
お散歩でお悩みの方へ

今日お散歩教室で私がお話したことは正直きついお話で、うまく理解できていない方もいたのではないかと思い私の考えを書いてみたいと思います。
すべての方の解釈とは違い、一個人の考えで参考になることがあればという程度で読んでみてください。


ワンコが問題行動するには理由が必ずあります。

飼い主さんで多いことでは

・ワンコの性格や行動パターンの理解不足
・飼い主が注意するタイミングやムラ
・褒めることと叱ることの差がない
・身体の成長と精神年齢の理解不足
(成長に合わせた対処ができていない)
・ワンコの反抗期の対処
・興奮したときに止めない

などなど…

その子と飼い主の関係での問題は様々です。

ワンコにとって[しつけ]はゲームのルールに近いものかなと。

犬の本能とは別物ですから、
飼い主の指示通りであれば褒められる⇔悪いことしたら叱られる
という単純なゲームと思えば理解しやすいかなと思います。
そのルールをもとに成長で経験する経験値が増え、周りの雰囲気を読んだり、表情、他の者への思いやりなどのワンコと心の距離が近くなっていくのでは。

飼い主からの一方的なゲームルールは成立はしないってことです。

こうしているのになぜやらないの!っていうのは飼い主の一方的な思いにしかなりません。
意思疎通って人間同士でも難しいのに、言葉の理解ができないワンコとでは行動で示すしかないからもっと大変。
だから、アイコンタクトってすごく大事。

人でも目を見て話せばその人の思いって通じやすいでしょ?
ワンコが飼い主の顔を見ないって、飼い主に対して興味が薄いまたはお世話してくれる、遊び相手程度の場合が多くかな。

顔を見るってワンコが一生懸命飼い主を考えている証拠だと思います。

次はどうする?
頭撫でてくれる?
これでいいの?
お母さん(お父さん)嬉しい?
このくらいの速さでいいかな?

代弁したらこんな感じかな。たぶん。

これって人間の子供が親に対しての時に当てはまると思いませんか?
一生懸命、親の顔を覗き込んでいるときの子供に。

そうなれるように飼い主さんもワンコも頑張るんですけどね、なかなかうまくいかないことも多いですよね。


お散歩デビュー時期での対処によって、そのあとの行動に良くも悪くも影響が出ます。

お散歩が楽しくなることはとても大事。

「お散歩デビュー時に、その子の好きな行動に任せて歩かせる。」
みなさんやっていることだと思います。

でもその期間が長すぎると、いざリードコントロールの練習となった時に好きに歩けなくなることにワンコが戸惑いで歩かなくなったり、好きに歩いていた癖が抜けずに自分の思うがまま歩くことでコントロールが出来ないなど…
切り替えのタイミングを逃すと結構大変な思いをします。

お散歩デビューする時期のお勧めなのが・・・・・。
お散歩で道に出ないこと( ゚Д゚)

意外でしょ?

お庭があればお庭で。
お庭がないマンションなどは近くの広い場所や公園などで。

何をするかというと・・・・。

例えば

・リードを使ったお座りとマテのセット(マテのときになるべく時間を延ばしていく)&目を合わせながら褒める

・5~6歩く→止まったらお座りさせる→目を合わせながら褒める

・わんこを好きな方向にわざと行かせる→リードでチェック入れながら「おいで」→足元に来させて座れ→目を合わせながら褒める

・単純にワンコと遊ぶ(笑)

他にも色々あるんですがね。

もちろん自分勝手な行動したときは叱るし、うまく出来たときは静かに撫でながら褒めてあげる。
ちょっとしたゲーム感覚だと思いませんか?

これをある程度の期間やって、足元についていることや飼い主とワンコとの気持ちの距離感などに変化が出てきたら少しずつ道でのお散歩を始めてみては。




すべての行動に必ず目線が取れるように工夫が必要で、飼い主さんに興味を持たせることが一番大事。

これって飼い主とのコミュニケーション構築に有効である事、歩いた時などの飼い主と犬との距離感を双方で覚えます。
犬だけじゃなく、飼い主も勉強ですからね?
犬が出来ないってことは、飼い主がやり方を間違っている場合がほとんどです。

ん~、考えてみると・・・・飼い主が犬に教えてやってるって無意識に思っている人に多いかもしれませんね。


よく飼い主さんで聞く話に
「玄関から勢いよく出てひっぱるの。でもね、20分くらい歩いてくると落ち着いてお利口さんになるんですよ」

これってどうかな?( ゚Д゚)
長距離を歩いて疲れてきたか、ある程度歩いて歩くことに満足したから飼い主について歩いているだけでは・・・・( ;∀;)と思うことありませんか?

長い距離を歩けば疲れなどから大人しくなり、リードコントロールできているように感じます。
これ間違い( ;∀;)
コントロールできているわけではないんです・・・・・

玄関出た瞬間にいきなり引っ張って走り出したり、暴れていたら・・・・意味が違うよね(;´・ω・)
始めから終わりまで通す事が、とても大事。

お散歩=排泄

そう思っている人いますが大間違い( ゚Д゚)


お散歩は排泄の為のものではありません!!


排泄でその場所までダッシュ!っていう子多いですよね。
引っ張り癖のつきやすいことにつながります。

その対策として有効なのが、お庭やベランダにおトイレスペースを作って、排泄させてからお散歩に行く。
理由は、いつ排泄かなと犬を自由に好きに歩かせる必要がなくなる事と排泄によるご近所トラブルの回避でとても有効です。

あと数年後にもしかしたらおうちでの排泄で助かることも・・・・。
というのもシニア時の排泄問題に悩まなくてよくなります。
ワンコが病気などで寝たきりになったときや飼い主の急な事情でお散歩ができなかったり、悪天候でお外を歩くことが困難なときにわざわざ危険を冒してまで排泄のための散歩をしなくて済みます。

またいつも排泄場所にしていた空き地等にいつ建物が建つか、道ができるか、数年後先は分からないものです。
お家で排泄させれば、道に出た瞬間から脇について歩くトレーニングだけにわんこも飼い主さんも集中できます。

におい嗅ぎ(リードをぐいぐい引っ張りながらのにおい嗅ぎ)を覚えさせないためにも、おうちでの排泄習慣をお勧めします。



あとね!人ってその日によって気分のムラがあるように、犬もその日によって気分が違うことも理解してあげてね!
テンション高いこともあれば、すごく素直な日もある。

わんこも人もみんなと性格や行動、覚える早さなど同じではないこと。(同じやり方が通用するわけではない)
各家庭、各ワンコそれぞれに個性があるってことです。

飼い主さん自身が自分のワンコをよく理解し、悩み考え、必ず行動すること。
上っ面の考えや思いは、犬に見抜かれちゃうこともあるから・・・(;´・ω・)

内容が分かりにくいこともあるかもしれませんが、少しでもお役に立てられればと・・・・願います。
スポンサーサイト

| しつけ | 12:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

この親あってのこの子あり(゜-゜)

いつだか・・・・。イベントメールでもチラッと書きましたが、テレビ番組でのしつけ部分の会話。

「犬に罪はないんだよ、飼い主がそうさせてダメなんだよ」
「犬に伝わってないんだよ、伝えてないんだよ」


これねぇ・・・

妙に納得しちゃったんだよね。
解るなぁって。

お散歩教室でも、お電話相談でも飼い主さんが多く言うフレーズがあるんです。

「でも●●なんです」

例えば・・・・・

ケース①
M A Y U 「地面の匂いをかがせないように、リードコントロールしましょう」
飼い主さん 「でもうちの子の力が強くて、ダメなんですよね

ケース②
M A Y U 「シッカリ怒って、まず飼い主さんの顔を(ハッ)と見てもらいましょう」
飼い主さん 「怒っているんですけど、でも見てくれないんですよね

ケース③
M A Y U 「ウエストがないから、このままだと関節悪くしちゃうよ。体重減らさなきゃ」
飼い主さん 「でもね、周りの犬より小さいんだよ。」「でも成犬用に餌変えればすぐ痩せるよ

犬と人間の関係性で大事な時期は、生後8カ月ごろまでと言われています。
どんな子になっていくのか、ほぼその時期に決まって来るとも言われています。

飼い主さんが逃げ道作っちゃうんだよね・・・・(^_^;)
伝えきれていない事の逃げ道。

その子の気質は確かにありますが、その子に合わせて対応するっていうことはとても大事。
結局はその気質さえも見抜くこともせず、ただ時間に任せている感じかな。目をつぶる、妥協する、あきらめているなど・・・。

悪い言い方にすれば、放置かな。

しつけなら、まず気質や性格をよく観察し、やり方を変えてその子の反応をまず見ることから始めないと・・・・。
体型なら太っている子を基準にせず、ウエストなどのライン、歩き方などからちゃんと理解しなくちゃ。


結局は飼い主がその犬の性格やしつけ、体調管理、体型維持などは行っているわけで・・・・。
何が言いたいかというと、飼い主がどのように犬と向き合ったかの結果が現在の飼い犬の状況というわけですね。
そういうふうに育てたのは間違いなく飼い主さんってことです。

決してその犬が悪いわけじゃないんだな・・・・(゜-゜)

人間の子だって、親がどう接してきたかで子供の能力や性格にすごく影響している。
それは人間がかかわっている事なら犬もまた同じってことです。

| しつけ | 12:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダメ犬の番組みましたか(゜-゜)?

おはようございます(゜-゜)

最近うちのお猫様に朝の4時からごは~んと鳴き続けられているMAYUでございます。
ご飯あげて2度寝すると、とても危険(-_-;)
みみとジャスミンの散歩時間が短縮の日々でございます・・・・。
寒いんだもの・・・・
お布団が私を待っている・・・・

いわゆる寝坊です(笑)

さてお題ですが、みましたか?

「ザ!鉄腕!DASH!!」

いやぁ・・・・ダメ犬と入れないで、ダメ飼い主と入れた方が良いかと思うくらいでしたね(-_-;)

このブログでも良く書きましたが、
まぁ~犬が飼い主を見ることをしない
コミュニケーションのとれない典型的な犬たちでしたね。

もう少し、細かくやってくれたらいいのにと思いながら見てました。
ちょっとザックリしすぎて・・・・。



あのダメ犬たち、飼い主の気持ち「諦め」「できない」「めんどくさい」が犬にガシガシ伝わっていったパターンじゃないかなと思いました。
出ていた飼い主の言っている事や態度で、こりゃだめだな~と思えるほどわかりやすいタイプでしたね。
口先だけコールしても犬は呼び戻しに応じませんよ・・・・・


犬に対して真摯に向き合う。

やっているつもりでも犬にはお見通しですよ。
犬ほど人間の心のそばへ近づける動物はそういないと思います。

番組内でも言っていましたね。
耳がいいから飼い主の話し方などで、飼い主の今の気持ちを察すると。
気持ち、犬に伝わっちゃうんだよね。
空気を読むことが出来るとも言いますね。

飼い主ががんばっていると、自然と犬も頑張っちゃうんですよ?
すぐに結果を求めたらダメ!

「1週間後にできるようになれば良いな~」

で良いんです。

しつけの入れやすい時期は1歳までがお勧めです。
だからと言って1歳過ぎたらだめなのかというわけでは、ありません。
1歳過ぎると自我が出てきて難しくなることは確かです。
しかし諦めたらそこでしつけは終わりです。

確かに1歳過ぎは、かなりの根競べになると思う。

だから子犬の時期に

悪い行動がでたら、すぐその行動をしてはいけない事としつける。
コマンドを教える。

1歳までは手っ取り早いんですよ。
スポンジのようにどんどん覚えていくし、すぐ修正できるし。

犬に対してどのような姿勢で向き合っているかで絶対犬は変わります。
しつけに対して飼い主が気持ち入れ替える
   ↓
しつけ出来るようになる
   ↓
楽しくて次を覚えさせたい
   ↓
しつけが犬にとって飼い主との大事なコミュニケーション

意外でしょ?

コマンドや飼い主の日常会話聞いて、犬がそれに従うってことは大事なコミュニケーションなんです。

確かに時間はかかる。
たった3カ月だけでも、頑張るのって実際きつい。
でも10年振り回されるより、たった3カ月頑張るだけで変わるならと気合入れてみませんか?


主従関係が出来ている犬と出来ない犬の顔つき絶対違う。
まず目に力があって自信に満ち溢れてるよね。


家族の絶対的パートナーにその飼い犬が成れるか成れないかは、小さい頃からのしつけやコミュニケーションの取り方で分けれちゃうんです。

犬好きから見ると一目瞭然!!

しつけが出来ていない犬=ダメ飼い主

これテッパンですよ(^_^;)

まぁ、人間の子育てもおなじよね。
子供は親の背中を見て育つ

ということはだ・・・・

うちの娘たちも私のようになるのか??(-_-;)
いかん!
私のようになったらいかん!

ぐ~たら能天気が増えたらいかん!

ダイエットも3日坊主はいかん!いかん!(笑)
犬については貪欲に頑張れるけど、自分の事はお手上げ(-_-)

娘たちにもしつけ!しつけ!(-_-)

| しつけ | 08:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MAYUさんの子犬のお散歩の仕方です。動画あり

1月生まれの子犬での相談がここ数日急上昇中です(-_-;)

主に相談の内容は以下の通り(>_<)

・リードの使い方
・散歩の歩き方
・痩せているといわれた

痩せているのは、4~6か月の子犬にはよくみられる姿です。
特に大型犬はその時期の成長が著しく、体重が追い付かない時期が必ずあります。

しか~し!周りに痩せているからと言われて餌の量を一気に増やしちゃダメ~!!
ある時期に来ると絶対太るから・・・・(>_<)

骨格の伸びが緩やかになれば体重が追い付き、2歳ごろになれば筋肉が付き始めて丸みが出ますから!
2歳まではちょっと痩せているように見えるくらいがいいんですから、ご注意を!

さてここ最近の記事で多いのがお散歩についてですが、オフ会を機に掲載しています。
お散歩の相談、とにかく多い・・・。
「ぐいぐい引っ張ってぜぇぜぇ言うんです」
「飛びついて歩いてくれない」
「引っ張って後ろ足だけで歩くんです」

(・_・;)おぃおぃ・・・
いつか股関節が悪くなるし、犬も家族もストレスたまっちゃう・・・。

結果を言いましょう!
犬のわがままに振り回されていますよ!!
S003.jpg
同じ1月15日生まれのラブラドールのユリちゃんです。
この子、生後2か月になった時点でMAYUさんの家にて将来の母犬候補として育てておりました。
もちろんしつけやお散歩、ミミたちと一緒にいることでの犬との交流の仕方など教えられることは教えました。
ちょっとおトイレだけは苦手な子で、いまだに失敗する時があります。

ゆりちゃん今週に入り、MAYUさんの家を卒業!
同じ1月生まれのベティの子犬(マフィンとタルト)と一緒に別棟で一緒に生活をし、お散歩訓練&しつけを入れていきます。生後6か月になったら現役の母犬たちのいる犬舎に入ります。

MAYUさんのお散歩の仕方をお話したいと思います。
動画もとってみました。
MAYUさんのぎこちなさが出ていますが、参考になるかしら。
色々なやり方はありますが、私はこの方法でやっています。

①チェーンの付け方
付け方を間違うと、犬はただ苦しいだけです。
正しいつけ方が必要です。

画像のような形で用意します。
001.jpg
犬を正面に座らせたとして画像の形のまま首に通します。
これは犬は基本左側にして歩くのでその時の付け方です。

②子犬と飼い主がリードに慣れる
まずはリードや飼い主との距離感を覚える、ショックを学ぶためにこの方法をとります。
画像の子はまだ2か月なのでちょっと大人し目です。
ちょっと固まっているので、思うような動画が取れませんでした。
しかし、基本はこんな感じでやってます。

この方法は、リードのショックの入れ方を飼い主も学び、犬もショックがあることを学びます。
ショックが入った時に飼い主の元に戻る、また座るなど様々な場面で応用が利きます。
動画で見ていただければわかりますが、犬が飛びついています。
最後の方で飛びつかせないようにショックを入れ、前足を下している個所もあります。
私はあまり褒めは大げさにはしません。
とにかく撫でて、静かな声で「よしよし」というくらいです。
まずはお散歩開始の前に、1週間でも良いから試して見てください。
いきなり始めるより、私は楽です。


③飼い主が歩いているときに止まったら、子犬はと止まると同時に座って飼い主を見る
ショックと座れの掛け声を併用するとできるようになります。
あからさまに飼い主が足をドンドンと鳴らしながら止まる→座れ&ショック→犬座る→犬をなでる&場合によってはご褒美

これを毎日繰り返します。
集中力のある10分が勝負です。
このユリやマフィンは5月に入ってからお散歩訓練始めました。
まだ3週間ですができるようになりました

出来るようになると犬が飛びつく時の対処や急に飛び出すなどの対処に有効です。
その後は、普通にお散歩をして犬が引っ張って前に出るときは、歩きながら真後ろに瞬間的にリードを引っ張ってショックを入れ、飼い主の脇に戻します。

ユリはリーダーの脇について歩くことをほぼマスターしているのであまり前には飛び出しませんので動画では前に出た時の対処が取れませんでした・・・。
ベティの子犬のマフィンとタルトも同様で・・・参考になる動画が取れませんでした。

チェーンを引っ張ったままははダメ!
瞬間で引く、そしてすぐ緩めることが大事です。
ゆっくり引っ張ったのでは、意味がありません。
また犬のやりたいよう、行きたいようにやらせるのは絶対ダメ!
うまく歩けなければ、何度でも立ち止まって修正して見てください。

正直この時期は飼い主は散歩を楽しむことはできないと思ってください。
毎日は真剣勝負です。
犬のストレスの心配はいりません。
自由運動を取り入れればいいんです。
(自由運動はリードを離してランなどで自由に遊ぶ)

今散歩でうまく歩けなければ、それから10年は犬も飼い主もお互いにストレスのある散歩を続けるようになってしまいます。
幼犬期に犬をコントロールすること覚え、覚えた後はちょうどいい緊張感の中、犬は飼い主に従い、従うことで喜び、習性を見出す動物です。


リードを付けたらONで飼い主主導。
リードを外したら、OFFになりその時は思いっきり自由に遊ばせましょう。

このメリハリがとても大事ですよ!

加減がわからなければミニオフ会でお散歩教室行っています。
店長と私がアドバイスしています。
飼い主がやり方を学ばなければ、犬も変わりません。

ミニオフ会詳細はここをクリック

| しつけ | 13:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

元気かなぁ・・・

昨日、記事をアップした後PC内の画像整理していました。
そこにある1頭の♂黒ラブ君の写真がありました。
前回の記事と重なる所があるのでちょっと書いてみます(´・ω・`)

去年の8月初旬、その黒ラブ君がうちのお店に飼い主に連れられて来ました。うちのお店から巣立って行ったわんちゃんです。当時1歳。
1

私は当初、ペットホテル利用の為だと思っていましたが飼い主が帰った後店長から
店長:
一日中泣きまくって近所からクレームが来たらしいの。それでしばらく預かってほしいっていうので預かる事になりました。
お世話の方よろしくお願いしますね。


と言われました。


今日もすごーく長いですから・・・・。

≫ Read More

| しつけ | 22:27 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT